麹の池田屋醸造        ログイン
     
 

トップ甘酒の作り方

甘酒の作り方

夏は冷やして”冷やし甘酒”夏バテ防止にお勧めです。


 
 
・甘酒にはブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、天然の必須アミノ酸を多く含む総合栄養ドリンクです。
・食物繊維、オリゴ糖による整腸作用もありジャパニーズヨーグルともいわれてます。
・市販品と違い保存のため65℃以上での加熱処理をしていない手作りの甘酒を、ややぬるめで飲むことは、加熱すると失活する酵素もそのまま取り込むことができるので大変理にかなった栄養ドリンクといえます。


米生麹300g又は甘酒こうじ1袋に対して甘酒出来上がり1.3リットル(調整後約2.2リットル)
ワンポイント・アドバイス
・甘酒づくりは温度管理が全て。なべに麹を入れたら豆火にして60℃以上上げない。
・ステンレスボトルで発酵させる方が、炊飯ジャーよりカンタン
〜さあ、作りましょう!〜
さあ、作りましょう 材料は左上から
ご飯(冷ご飯でも可)300g、炊飯ジャーまたはステンレスボトル(ホームセンターで1,000円位で売ってます。容量1.5リットル以上 )
米生麹300g又は甘酒こうじ1袋を1粒ばなれに手でほぐしたもの、水900cc、オタマ、温度(なるべく使用して下さい。)
材料をそろえます
〜ご飯と麹と水を軽く混ぜ温めます〜
水と麹とご飯を混ぜます 温度計を見て温めます 指で温度を計ります
水900cc・ご飯300gを混ぜ、60℃まで温めいったん火を止める。 その後ほぐした麹300gを加え必ず豆火で混ぜながら温める。強火ですると麹菌が死んで甘く出来ません。温度計を見ながら60℃になった瞬間に火を止める。
 
やむを得ず温度計がない場合は指をいれて3秒間入れてられない位が適温です。
〜【簡単】ステンレスボトルの場合〜
ステンレスボトルに入れます 温度を計ります あらかじめ熱湯を入れ温めておいたステンレスボトルに入れる。ここで温度を計り58℃〜60℃にするのがポイント。低い場合はもう一度温める。高い場合は水を加えて調整する。温度は正確にして下さい。フタをして、なるべく気温の高い場所においてください。10時間〜15時間で出来上がり。
〜炊飯ジャーの場合〜
炊飯ジャーに入れます 温度を計ります フタをするところまでは上記と同じ。下記の要領でON・OFFをする。保温スイッチ(×炊飯)のみ使用。最初の2時間はOFFでスタート。10時間で完成です
ただし、炊飯ジャーの機種により温度が高くなりすぎる場合があります。その場合は「入」の時間を短くし必ず60℃以下にする手間が必要です。
2時間 2時間 2時間 2時間 2時間
〜もっとこだわる!プロの技〜
ステンレスボトルの場合、6時間後位にもう一度、55℃〜60℃まで豆火で加熱して戻してください。温度低下を防ぎ発酵が向上して更に甘くなります。
〜仕上げ・調整〜
できたての甘酒です 甘さを調整した甘酒です 左が出来たての甘酒です。まずこれを試食してください。自然の甘味がするはずです。
この原液をタッパー等に入れて冷蔵庫で保管して、なるべくお早目にお召し上がりください。冷やしてそのまま、ヨーグルトを入れたりやカルピスで割ってもおいしくいただけます。
お好みで右画像が水900cc・砂糖80g、塩少々加えて一煮立ち調整後です。

夏は上記出来上がりを冷やして”冷やし甘酒”がおすすめ。夏バテ防止に最適です。

冷やし甘酒

Copyright © 麹の池田屋醸造 All Rights Reserved. 096-352-0309
商号名 : 池田屋醸造合名会社 代表 :塩津健一
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 :塩津健一 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 熊本県熊本市中央区京町1-10-21