• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

甘酒の作り方

ダイエット・美容にも
 

・甘酒にはブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、天然の必須アミノ酸を多く含む総合栄養ドリンクです。
・食物繊維、オリゴ糖による整腸作用もありジャパニーズヨーグルともいわれてます。
・市販品と違い保存のため65℃以上での加熱処理をしていない手作りの甘酒を、ややぬるめで飲むことは、加熱すると失活する酵素もそのまま取り込むことができるので大変理にかなった栄養ドリンクといえます。

  • 重要ポイント
  • ・最初の加熱時、麹を入れたら豆火にして60℃以上上げない。
    ・発酵中は55℃〜60℃を保つ。低くても高くても駄目。
    ・酵素も摂取したい場合、冷やしで飲むか、再加熱する場合でも60℃以下のぬるめで飲む。

麹と配合

水の量は目安です。

  • 乾燥麹

    • ほぐしてある
      便利な乾燥麹。 
      出来上がり量:約1リットル
      ご飯:200g
      水:600
    • 伝統のモロブタ仕込み
      板麹、ほぐして使用。
      出来上り量:約1.5リットル
      ご飯:300g
      水:900
    • 麹の粒が残らない。
      出来上がり量:約1リットル
      ご飯:200g
      水600
    • 麹の粒が残らない。
      出来上がり量:約1リットル
      ご飯:200g
      水600
  • 生麹

    • 香りの良い
      生麹で仕込む。
      出来上がり量:約5リットル
      (全量仕込んだ場合。余った麹は冷凍庫に保存して長期間保存可能。何度かに分けて使用できます)
      麹:1に対して
      ご飯:1、水:3

ステンレスボトルで作る場合

(材料)
麹1:ご飯1:水3の割合です。

米こうじ200g又は粉こうじ200g玄米粉こうじ200gの場合)
ご飯(冷ご飯でも可)200g、水600奸出来上がり約1リットル

甘酒こうじ又は米生こうじ300gの場合)
ご飯300g、水900奸出来上がり約1.5リットル

(道具)
ステンレスボトル(出来上がり量よりやや容量が大きいもの。1.2〜1.5リットル以上 )
オタマ、鍋、温度計(なるべく使用して下さい。)
あらかじめステンレスボトルに熱湯を注ぎ、温めておきます。
‘蕕砲竿咾鯑れ、水を加えます。
60℃まで加熱します。
0戝恐个鮖澆瓠麹を加えます。
げ硬抃廚之廚蠅覆ら、60℃になった瞬間、すぐ火を止めます。麹菌が死ぬので絶対加熱しすぎない!
イ△蕕じめ熱湯を入れ温めておいたステンレスボトルに入れる。
ιず温度を計り60℃〜63℃にすることが重要。低い場合はもう一度加熱し直す。高い場合は鍋に戻して温度を下げる。
内蓋・外蓋をはめ、温度が下がらないように暖かいところで(冬季は特に)10時間〜12時間発酵させる。
─癖歛犬板汗亜法.咼鹽に移し替え、冷ました後(夏場は流水するなどして急いで冷ます。)必ず冷蔵庫で保存し1週間程度で飲みきる。米の粒が気になる場合はジューサーにかけます。ゆるいおかゆ状にできあがったものをそのまま飲んでもよいですが、水で薄めて好みの甘さ、濃度にして飲みます。夏は氷を入れアイスで、冬は温めて。(65℃以上加熱すると酵素は失活します。酵素を摂る場合は低めに加熱)薄めたものを保存すると日持ちしないのでその都度薄めて飲んでください。

ヨーグルトメーカで作る場合

最初の加熱の手間がないので簡単です。加熱しすぎて麹菌を殺してしまう失敗がありません。お勧め。

(材料)
米こうじ200g、ご飯200g、水600cc
米生麹甘酒こうじ1袋(1粒ばなれに手でほぐしたもの)の場合も上記分量に計量してください。
(道具)

ヨーグルトメーカー
,竿咾鰺憧錣貌れ、水を入れます。
箸でよくかき混ぜます。
よくかき混ぜます。
て盂検外蓋をして容器に入れます。
て盂検外蓋をして容器に入れます。
ゲ硬戮60℃、時間を12時間にセットします。
出来上り
冷蔵庫で出来る、低温で発酵させる伝統的な寒造り甘酒。発酵中の温度管理が不要。通常の麹で寒造りを行う場合、甘さが足りなかったり麹の芯が残る為、粉麹と相手のご飯も煮溶かした餅やトロトロのおかゆを使用。麹もごはんも表面積が広がるため発酵が促進され甘くなります。
(材料)玄米粉麹または粉麹1袋200g、水600cc、餅200g(試作はしてませんがおそらくとろとろの白米おかゆでもできるはず。ほとんど粒がないペースト状のおかゆ。そうならない場合はミキサーにかける。)
(作り方)
(道具)ビン、チャック付ビニール袋等の容器、冷蔵庫
,發舛亮冤呂します
お餅を1cm角ぐらいに適当に切り、分量の水を入れお鍋で塊がないように煮溶かします。今回、中火で7分程掛かりました。(お餅の乾燥具合や切り方で掛かる時間は全然違います。)
↓,鰺憧錙丙2鵑魯船礇奪付き保存袋)に移し必ず全体を60度以下まで冷やして粉麹を加えて下さい。あまり冷まし過ぎないで60度ぐらいで粉麹を入れた方が甘味が早く出やすいです。ビニール袋の場合、液漏れしないようにタッパーに立てるまたはバットにチャック部を立て掛ける等してください。
左が玄米甘酒、右が米麹の甘酒
C翕喩消爾焚硬戮呂茲ないので、すぐに冷蔵庫へ入れて下さい。翌日には糖度30度ぐらいまでなってます。1日~3日(甘くなったら)後より食べれます。必ず冷蔵庫で保存し1週間程度で飲みきる。

お客様の声

  • 粉こうじを使ってステンレスボトルで甘酒を作ってほぼ毎日飲んでいます。ヨーグルトの甘味に加えたり、無調整豆乳でわって飲んだり、砂糖をとる機会が減り身体の調子も良くなったように感じています。ユーザー評価: ★★★★★(2017/10/05・神奈川県たまごママ様)
  • ヨーグルトメーカーで甘酒を作って飲んでいます。簡単でとっても美味しいので、出来合いのものを買う気がしません。夏の間は冷たいまま。これから寒くなったら温めて頂くのが楽しみです。ユーザー評価: ★★★★★(2017/10/03・福岡県N様)
  • NHKのアサイチを見て、すぐ作りました!! それからずっと作り続けてます。親や仲のいい友達にも渡して喜ばれてます。体重が少々減ってきましたよ!!(笑)ユーザー評価:★★★★★(2017/02/15・熊本県まき亭様)
  • 初めて甘酒を手作りするために、乾燥米麹を購入してみました。記載されていた通りに作ると、初心者の私でもとても甘くて美味しい甘酒が出来ました!甘酒作りが趣味になりそうです!またリピートさせて頂きます!(2016/12/16・福岡県k05**1**6様)ユーザー評価: ★★★★★
  • ながねんの悩み便秘解消 スッキリユーザー評価: ★★★★★,(2016/12/05 ・東京かー様)
  • おばあちゃんと二人でメールマガジンを見て、初めて甘酒づくりに挑戦することにしました。届くのが楽しみです。まぜるだけの手作り味噌セットもとても美味しくてすぐに食べてしまいます。いつもありがとうございます。ユーザー評価: ★★★★★,( 2016/12/05 ・東京さだ様)
  • デジタルに弱くフェイスブック、ツイッターなどもしない為、池田屋さんの地震の後の影響を昨日ようやく知りました。 大変な状況の中、希望通り発送していただきありがとうございます。おかげで毎朝美味しい甘酒豆乳バナナスムージーをいただけています。 朝時間ない日は夜に暖かい甘酒をいただいてホッとしています。 大変な中、本当にありがとうございます。ユーザー評価: ★★★★★,( 2016/12/04・愛知県ぽちくん様)
  • とうとうヨーグルトメーカーを購入しました(笑) セットしてスイッチポンでできあがり^^ 店で売ってるものよりも、安全で美味しいです。 ユーザー評価: ★★★★★,(2016/12/03 ・東京akane様)
  • 3度目の注文です。週に一度の甘酒作り.お粥3合で1週間食べています。私はお鍋で作りますが、いつも麹が真っ白なので綺麗な甘酒が出来上がります。以前は炊飯器で夕方仕込んで翌朝に出来上がりでしたが、今はIHIコンロの保温を使って、4時間程で出来上がります。いつも綺麗な米麹をありがとうございます。ユーザー評価: ★★★★★,(2016/08/29・熊本県kaitomysun様)
  • 新鮮な米麹を毎日、心を込めて甘酒を作っています。 いつも夜珈琲を飲んでいたのですが、今は健康のためにも 甘酒をリラックスするひとときにしています。ユーザー評価: ★★★★,(2016/05/08・大阪府maximum様)
  • とても高品質な生麹が届けられ、感謝しています。 おかげさまで、 アレルギーの元になりそうな市販のお菓子、ヨーグルトなどを食べずに、毎日一杯の自家製甘酒で家族全員、元気に過ごせています。 甘酒のレシピは、麹を250g、もち米1合、水600cc、指定のヨーグルトメーカーで60度、12時間、の設定です。 お菓子代わりに食べているのですが、体重増加はありません。ユーザー評価: ★★★★★,(2016/03/27 ・ 大阪府alisa様)
  • いつもお世話になっています。毎朝甘酒とフルーツで不ムージーを作っています。 この時期は作ったスムージーをアイスにして子供も毎日喜んで食べています。★★★★★,(2015/08/20・ 東京とんとん様)